住宅型と他の老人ホームの違い

住宅型の老人ホームは生活の補助や援助が目的になっています。介護が必要のない方が多く利用しており、離れて暮らす親を心配して入居させることが一般的です。他の老人ホームでは介護や医療といった部分が強い傾向があります。

住宅型老人ホーム

介護

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームは生活の質にこだわった有料老人ホームになっています。自立した利用者であれば料理を作ることも出来ますし、買い物に出掛けることも可能になっているのです。

各自部屋がある

住宅型の施設は利用者別に部屋が用意されています。その部屋も一般的なマンションのようにリビングや寝室などで分かれているので、普段の生活と変わらないという声もあるようです。

施設内の設備

住宅型は一見マンションのような外見をしていますが、施設内には様々な設備が設けられています。リハビリ室や健康についての相談室、食堂や理容室などが設けられていることがあります。

介護は利用者に合わせて

住宅型有料老人ホームでは利用者に合わせた介護を行います。完全自立の利用者であれば声掛けや安否確認などの比較的軽いケアになりますが、脚が不自由であったり、何らかの理由で介護が必要な利用者には程度に合わせて介護を行なうのです。

広告募集中